2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 「あると」の「あ」 | トップページ | サムライせんせい② »

2015年10月 7日 (水)

ワン・モア・ジャンプ(再読)

Onemorejump

久しぶりに読み返しました。

赤石路代
「ワン・モア・ジャンプ」全5巻

フィギュアスケートのコーチである両親のもとに生まれた双子の兄・皇と妹の帝が、父の死後、母の反対にもめげずペアを結成する…というところから始まる物語。
主人公の帝が次々と家族を失う試練の連続、そして頼れる人がいなくなったなかで出会ったロシア生まれの異母兄トーマ、ライバルになる緋夏との関係…。オリンピック2回でシングルとペアに挑むところなど、なかなか現実にはあまり見られないような物語ではありますが、それだけにワクワクさせられるものがあります。
実際のフィギュアスケートを見ていてもぐっときて涙が出てくることがありますが、そういう感覚を味わうことができる、とても素晴らしいフィギュアスケート漫画だということを、久しぶりに読み返してあらためて感じることができました。

« 「あると」の「あ」 | トップページ | サムライせんせい② »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/62284682

この記事へのトラックバック一覧です: ワン・モア・ジャンプ(再読):

« 「あると」の「あ」 | トップページ | サムライせんせい② »