2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 古武道コンサート「cuisine de classic」in東京 | トップページ | 花燃ゆ:49 »

2015年12月 6日 (日)

花燃ゆ:48

群馬の女性、富岡の危機にひとつになる。

大河ドラマ「花燃ゆ」
第48回:富岡製糸場の危機

美和が作った女性の学びの場に富岡製糸場の若い女工たちが訪ねてきたことをきっかけに、楫取と美和は女児のための学校を作ることを考え始めます。
そんな矢先、官製の工場を民間に払い下げることを始めた政府が、規模が大きく赤字で手をあげる者がいない富岡製糸場を閉鎖しようとします。ものをつくるということは、投じた資金が利益を生むまでに時間がかかるもので…、それをその場にいない人に分かってもらうのはとても骨の折れることですが、その苦労が実を結び政府にも存続が認められたのは本当に良かったです。糸を挽くための新しい機械を取り入れたり、明るい展開になってホッとしました。
それはそうと…、寿が亡くなってからの楫取と美和のことが気になります。楫取は美和が忙しくなることを理由に家を出ても良いとほのめかしたり…、微妙なところです。阿久沢夫妻の「あの二人、お似合いじゃないか」という思いと二人への働きかけ。どうなることやら。

« 古武道コンサート「cuisine de classic」in東京 | トップページ | 花燃ゆ:49 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/62961275

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ:48:

« 古武道コンサート「cuisine de classic」in東京 | トップページ | 花燃ゆ:49 »