2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 下町ロケット(再読) | トップページ | 東山魁夷館平成27年度第Ⅳ期常設展示「馬車よ、ゆっくり走れ」 »

2015年12月28日 (月)

下町ロケット2-ガウディ計画

Shitamachirocket2gaidi

続編も、ドラマを見る前に。

池井戸潤
「下町ロケット2-ガウディ計画」

元社員の真野から持ちかけられた佃製作所は、心臓外科医の一村や繊維メーカーを経営する桜田らとともに心臓の人工弁「ガウディ」の開発に取り組む…というお話。医療の分野で、しかも心臓に取り付ける機器を製造するというのはとても大変なことですが、そんなことを考えながら読んでいるうち、前作で宇宙に挑戦するのは神の領域に挑戦することだと語られていたけれど、人体もまた神の領域と言えるのかもしれない…ということを考えさせられました。
そして同時に、帝国重工に納品しているロケットのバルブシステムや医療機器メーカーから試作品を受注した人工心臓「コアハート」をめぐり、新たなライバルとして登場したサヤマ製作所、そして医学界のややこしいしがらみと闘うところでは、やっぱり今回も追い詰められていくんだなあとハラハラさせられますが、そこからの巻き返しは本当にスカッとさせられます。こういうところが、池井戸潤さんの作品の良いところです。

« 下町ロケット(再読) | トップページ | 東山魁夷館平成27年度第Ⅳ期常設展示「馬車よ、ゆっくり走れ」 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/62961659

この記事へのトラックバック一覧です: 下町ロケット2-ガウディ計画:

« 下町ロケット(再読) | トップページ | 東山魁夷館平成27年度第Ⅳ期常設展示「馬車よ、ゆっくり走れ」 »