2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 12月の観たい映画 | トップページ | 旅のラゴス »

2015年12月 2日 (水)

映画「リトルプリンス 星の王子さま」

Littleprince


2015年、映画館で観る5作目はこちら。

映画「リトルプリンス 星の王子さま」

飛行機が故障し砂漠の真んなかで立ち往生した「ぼく」がおじいさんとなり、ある日隣に引っ越してきた少女に、砂漠で出会った不思議な男の子「星の王子さま」のことを話し、次第に打ち解けていくふたり。しかしある日、おじいさんは病に倒れ、おじいさんに元気になってもらおうと、少女は王子さまを探す旅に出る…というお話。
私が「星の王子さま」に出会ったのはこの映画に登場する女の子と歳の近い頃でした。それから忘れた頃にふと私の近くにやってくるこの作品。読むたびに少しずつ、色々なことを考えられるようになり、私にとって大切な作品になっていきました。
今まで、おもに文章と絵で王子さまに出会ってきたのが、動いて喋る王子さまに会えたこと自体が私にとってはとても幸せで素敵な時間で、ずっとキュンキュンしていました。そして、切なくて哀しくて寂しくて、でも温かくて、何度も泣きました。泣きながら、私の涙腺はどうにかなってしまったんじゃないかと心配になるくらい涙が出ました。
原作に登場するキャラクターもたくさん登場して、「ぼく」と「王子さま」が出会って別れて長い時間が経ってからの物語。人は、大人になるのを止めることはできないけれど、大事なのは、子どもの頃の気持ちを忘れないこと。とても難しいですが、それができたら本当に素晴らしいなあと…あらためて思うことができた素敵な作品でした。

« 12月の観たい映画 | トップページ | 旅のラゴス »

「映画」カテゴリの記事

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/62802258

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「リトルプリンス 星の王子さま」:

« 12月の観たい映画 | トップページ | 旅のラゴス »