2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« あぽわずらい | トップページ | しろくまカフェ Today’s Special① »

2016年1月11日 (月)

真田丸:1

今年も見ていきます…!

大河ドラマ「真田丸」
第1回:船出

物語は、織田信長の軍勢による武田攻めの頃から始まります。
武田の家臣であった武将が次々と織田に寝返る事態になり、勝頼ら武田の軍勢は、出兵先の諏訪から本拠地である新府城へ戻ることに…。最初に武田の家臣たちが話し合いをしている場所が上原城という個人的にとても身近なところだったために、思いがけずドキッとしてしまいました…。
この物語の主人公である真田源次郎(のちの信繁)の父・昌幸は、新府城を出て、真田家の居城である岩櫃(いわびつ)へ来るよう勝頼に進言。一度はそれが受け入れられたものの、家臣のひとり、小山田信成の居城である岩殿城へ行き先が変更に。
そして、岩殿に着いた勝頼ですが、小山田が織田方に寝返り、城に入ることはできず…。この時代、武田や織田、徳川などの家臣である人々もそれぞれの家を守っていかなければならないので、生き残れそうな方につくのは仕方ない気もしますが…、放っておいても滅びるものなら、こんなやり方で裏切らなくても…と思わないでもありません。歴史上の出来事に文句を言っても仕方ありませんが、私の住む諏訪の地域は武田家と繋がりのある土地柄ということもあって、色々言いたくなってしまいます。
一方、源三郎(兄)・源次郎(弟)たち真田家の人々の岩櫃への道中も敵の襲撃などの危機が迫っている様子…この後が気になるところです。

長州の人々を中心に幕末を描いた昨年の「花燃ゆ」から、戦国時代へと時代を遡った今年の大河ドラマ。ここ数年、大河ドラマを見続けていますが、今年は脚本が三谷幸喜さんだからなのか、初回から独特な三谷さんらしい空気感があります。今は武田家の家臣である真田の人々がどんな風に戦国の世を生き抜いていくのか…今年も最後まで楽しめたらいいなあと思います。

※追記※
この後、東京へ行く用事があって電車で大月を通ったとき、山の斜面に「岩殿城址」と看板があるのを見つけました。ああ勝頼が門前払いされたのはここら辺なんだ…と今まで何度となく通った場所でしたが、ドラマを見たおかげで初めてそれに目が留まりました。こういう発見が一年通して色々あるかも、と思うとそれも楽しみなところです。

« あぽわずらい | トップページ | しろくまカフェ Today’s Special① »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63146249

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:1:

« あぽわずらい | トップページ | しろくまカフェ Today’s Special① »