2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 訃報に接し(夏樹静子さん) | トップページ | わたしを離さないで »

2016年3月28日 (月)

真田丸:12

信繁in越後。

大河ドラマ「真田丸」
第12回:人質

徳川からの差し金で昌幸を暗殺しようとした室賀を返り討ちにした真田。徳川との仲が危機的状況になるなか、昌幸は上杉に文を送っていました。今まで手を結ぶと見せかけて実は…とか色々あったというのに信幸じゃなくてもびっくりです。
そんな真田に上杉からは信繁を人質に寄越すようにと持ち掛けてきて…信繁は越後へ。
人質とはいえ、剣の稽古をしたり景勝と城下へ出かけたりする場面もあり、自由な雰囲気に見えました。それにしても…信繁が城下で遭遇した、村民同士の揉め事を解決するのに行われていた「鉄火起請」、真っ赤に熱した鉄を手で運ぶとか色々…本当に行われていた方法かもしれませんが、あまりにもツッコミどころ満載なやり方としか思えませんでした…。
上杉から真田へ沼田城を上杉へ寄越すようにという要求があったりし、どうなることかと思われましたが、真田は上杉の信頼を得ることができた模様。
この流れのなか、個人的には景勝もですが、景勝の下で真田(というか信繁?)との間で色々と気苦労をしているらしい直江兼次のことがちょっと好きになってきました。2009年の「天地人」を見なかったことを今更ながらちょっと後悔しています。
さて次回は、上田に押し寄せる徳川との戦い。今回意外な強かさを見せた梅も活躍するようで、信繁の青春時代を描いた部分がどんなクライマックスを迎えるのか…気になるところです。

« 訃報に接し(夏樹静子さん) | トップページ | わたしを離さないで »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63405004

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:12:

« 訃報に接し(夏樹静子さん) | トップページ | わたしを離さないで »