2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 東山魁夷館平成28年度第Ⅰ期常設展示「画家への決意」 | トップページ | のだめカンタービレ(漫画・再読)① »

2016年4月27日 (水)

信濃美術館「ジブリの立体建造物」展

Giburirittaigenzoubutsuten

恒例の東山魁夷館訪問に合わせ、前々から気になっていた特別展も!

「ジブリの立体建造物」展
長野県信濃美術館にて
2016年4月16日(土)-6月26日(日)

ジブリ映画のなかに登場する建造物についての展示。
作品に登場する印象的な、例えば「千と千尋の神隠し」の油屋、「となりのトトロ」のさつきとめいの住む家、「魔女の宅急便」でキキとジジが居候するパン屋さんなど、様々な建物を、ラフなアイデア画や設計図とともに立体の模型で見ることができて、映画を見たときに感じるワクワクを味わえて、とても楽しい時間になりました。
以前、ジブリ作品の風景画の部分にスポットを当てた「男鹿和雄」展を観に行ったことがありますが、ジブリ作品の魅力は、ストーリー、キャラクター、背景となる風景や建物、音楽など作品を構成する様々なものを、さりげなく、でもしっかり作りこんであるというところなのかもしれません。何気なく見ているようで案外印象に残っているものなんだなあと、今回あらためて気づかされるものがありました。

Jibligoods

おまけ。最後にグッズを色々買ってしまいました。
ショップに「千と千尋の神隠し」に登場する油屋のペーパークラフトキット(150分の1サイズ)の完成品が飾られていましたが、なんとお値段64800円!びっくりです。私にはそれに出すお金も、作る時間も、手先の器用さも、また、完成したものを置いておくスペースもありません…(苦笑)。

« 東山魁夷館平成28年度第Ⅰ期常設展示「画家への決意」 | トップページ | のだめカンタービレ(漫画・再読)① »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63579488

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃美術館「ジブリの立体建造物」展:

« 東山魁夷館平成28年度第Ⅰ期常設展示「画家への決意」 | トップページ | のだめカンタービレ(漫画・再読)① »