2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ドラマまとめ1~3月②木~日 | トップページ | 黒田清輝展&博物館でお花見をin東京国立博物館 »

2016年4月 5日 (火)

国立西洋美術館

Kokuritsuseibi201603312_2

先日東京へ出かける用事があり(それについてはまた、あらためて)、そのついでと言ってはなんですが、こちらへ出かけてきました。
上野の、国立西洋美術館です。
最近、色々と美術関係の本を読んでいるなかで、この美術館にはぜひ行ってみたい、ぜひこの目で見たい作品がたくさんある、と思っていたのですが、前回東京へ出かけたときにちょうど長期閉館中で残念ながら断念したということがあり、今回は念願かなっての訪問。

Kokuritsuseibi201603313

現在開催中の「カラヴァッジョ展」も常設展と一緒に見てきました。
イタリアの画家で、38歳でこの世を去ったカラヴァッジョ。私は今まであまりこの人の作品を意識して見てきたことはなかったのですが、描かれている人物が美しさや生々しさなどがすごく伝わってくる作品があって、何とも言えない圧力を感じました。
そして、とても気性の荒い人で様々なもめ事を起こした末についに殺人まで犯し逃亡生活を送ったのだとか…。ずいぶん激しい人生を送ったのだな…とびっくりさせられます。

Kokuritsuseibi201603314_2

常設展では、モネの作品がたくさん展示された部屋で、「睡蓮」や様々なモネらしい色彩の作品をたくさん目にできとても幸せな時間でした。また、モネ以外にも、おお!と思うような作品にいくつか出会うことができました。
そのひとつがクールベの「波」。作品の横の解説によれば、クールベという人は海のない土地で生まれ育ち絵を描いていたのだそうで、この「波」という作品はそんな彼の「海ー!」という気持ちが表れているように感じました。
…そんなわけで(?)印象に残った作品のポストカードをいくつか購入してみました。そしてしおりも数点。

Kokuritsuseibi201603311_2

今まで上野に行ったとき、その前を通ったことは何度もあった国立西洋美術館。
今回なかに入ってみて、とても充実した時間を過ごすことができて良かったです。

« ドラマまとめ1~3月②木~日 | トップページ | 黒田清輝展&博物館でお花見をin東京国立博物館 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63441312

この記事へのトラックバック一覧です: 国立西洋美術館:

« ドラマまとめ1~3月②木~日 | トップページ | 黒田清輝展&博物館でお花見をin東京国立博物館 »