2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 真田丸:17 | トップページ | 道山さんinにっぽんの芸能 »

2016年5月 9日 (月)

真田丸:18

昌幸上洛、の顛末。

大河ドラマ「真田丸」
第18回:上洛

本当に今まで色々ありましたが(なんてざっくりした説明・苦笑)、とうとう昌幸が上洛を決意。お母さんの「真田は強いものに従って生き残ってきた。今度も同じ。卑怯で何が悪い」というアドバイス…すごく潔くて好きです。確かに今までそうしてきたのに、今回はずいぶん抵抗したなあという気もしますね…。
ようやく上洛したというのに、秀吉本人に会えなかった昌幸。そこへ大谷吉継が訪ねてきたのって…秀吉や三成の芳しくない対応を予測していた吉継のフォローなのかな?と感じました。信繁が上杉とともにやってきたときも、すげない態度の三成のことをフォローしていましたしね。吉継のこういうところ、良いですね。
さて…信繁→茶々→秀吉というとりなしの甲斐あって、秀吉との対面を果たした昌幸と信幸。しかし今まで領地をめぐって争ってきた徳川の与力(戦のとき有力な大名の味方につく。つまり配下)になるよう命じられ意気消沈。なんともやるせない展開のなか、昌幸の娘・松が生きていることが分かり、しかもずっと戻らなかった記憶が戻り、そこだけはプラスの展開。それにしても、記憶が戻るきっかけが「かかとがカサカサ」って…(苦笑)。
さてそして…、真田が徳川の配下になったことで、また更に色々複雑になっていくらしく…続きが気になるところです。

« 真田丸:17 | トップページ | 道山さんinにっぽんの芸能 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63601012

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:18:

« 真田丸:17 | トップページ | 道山さんinにっぽんの芸能 »