2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 藤原道山×SINSKE 5th Anniversary コンサートin東京 | トップページ | ごく私的なイベントメモ(2016年分) »

2016年5月23日 (月)

真田丸:20

信繁の事件簿?

大河ドラマ「真田丸」
第20回:前兆

まず…松を伴って上田へ戻った昌幸・信幸親子。これで家族みんな揃って暮らせる…というところではありましたが、家康から、本多忠勝の娘・稲を信幸の嫁にするように言われた真田としては、信幸の妻であるこうを離縁しなければならず…。けなげにそれを受け入れたこうの様子に胸が痛くなりますが、なんとその後、お屋敷で侍女として働く姿を信幸が目撃。本人が良ければそれで…とはいうものの、若殿さまの奥方だった人がこうなったら…家臣や今までお世話をしていた人はものすごく困惑すると思うのですが…(苦笑)。
…さてそして。京の聚楽第では、天皇をお迎えするなど秀吉はとうとう本当に天下人として登りつめたところで、茶々が懐妊。それをめぐり、聚楽第の白壁に「本当に秀吉の子どもなのか」という内容の落書きか書かれたことで大騒動が持ち上がり、書いた犯人を見つけ出すよう命じられた三成が、多忙を理由に信繁に仕事を丸投げ(いわゆるアウトソーソング・苦笑)、信繁は一筋縄ではいかない父から受け継いだ素質で推理を展開。三成、信繁そして吉継。犯人探しと騒動収束に動く人々、なかなかのチームワークでした。
が、しかし…今回のタイトルは「前兆」。秀吉は晩年、今の時代でいうところの認知症のような状態だったらしいですが、今回の騒動でも茶々の解任をめぐって犯人探しに躍起になって何の罪もない門番たちの命を奪うなど、その激しさというか行き過ぎた言動は、そういう病気ゆえのものなのかも…と思うと、その「前兆」という気もするし、また、茶々が「秀吉の息子」を産んだことによって、「自分の子どもがいないぶん、親類縁者を大事にしてきた」秀吉が変化して、色々な歯車が狂っていく展開があるということで…ハラハラさせられそうです。

« 藤原道山×SINSKE 5th Anniversary コンサートin東京 | トップページ | ごく私的なイベントメモ(2016年分) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63669783

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:20:

« 藤原道山×SINSKE 5th Anniversary コンサートin東京 | トップページ | ごく私的なイベントメモ(2016年分) »