2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 真田丸:19 | トップページ | 銃 »

2016年5月17日 (火)

走れメロス

Hashiremerosu

いまさらながら。

太宰治
「走れメロス」

表題作はあまりにも有名な作品ではありますが、改めて読み直したくて手に取りました。
これと「駈込み訴え」はこの本に収録されているなかでは数少ない、舞台が日本ではない2作品。とても勢いやリズム感あって一気に読めてしまいます。このふたつには友情や思慕の念など共通するものが感じられる気がしました。
「女生徒」は、個人的には好きな感じでも引き込まれる感じでもないのですが、この年頃の女の子らしい心理が怖いくらいよく表現されていたのがすごいなあと感じました。
また、作者自身の上京してからの10年間を書いた「東京八景」と、「ダス・ゲマイネ」「富嶽百景」「帰去来」「故郷」が互いを補完しあうようになっていて、お話の内容云々ということのほかに、面白い構成だなあと感じました。それにしても太宰さんという人は本当ろくでなしだなあと思ってしまうのですが、周りの人のそれを放っておけない気持ちもなんだか分かる気もして…不思議な魅力のある人ですね。

« 真田丸:19 | トップページ | 銃 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63576303

この記事へのトラックバック一覧です: 走れメロス:

« 真田丸:19 | トップページ | 銃 »