2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 真田丸:22 | トップページ | 日本の美術館ベスト100ガイド »

2016年6月13日 (月)

真田丸:23

追い詰められる北条。

大河ドラマ「真田丸」
第23回:攻略

いよいよ北条攻めに動き出した秀吉。
とはいえ前半は、北条の外堀を埋めるために北条の配下の城を攻め落とし、一方でその様子をいまだ秀吉に従っていなかった伊達など東北の諸大名に見せつけるためのもの。ということでどこかのんきな様子の秀吉。
ここまできても、伊達の援軍を信じ、秀吉に抵抗し、秀吉に虫の良すぎる要求を突きつけ、息子の氏直や側近の江雪斎を困らせる氏政、そしてそんな氏政の意向に従おうとする一部の家臣。どうしようもない人たちだ…と思う部分もあるものの、氏政の代で北条は一番の繁栄をしていたことを思うと、そういう良いとき、強いときの北条を知っているからこそ、まだ行けるんじゃないか…と思う気持ちも分からなくないような。
それはそれとして…三成が秀吉の陣を離れ、忍(おし)城攻めに向かうことに。「のぼうの城」大好きな私としては、お、とうとうここまで来たな!という感じでニマニマしてしまいます。基本的には、主人公である信繁が見聞きしたところ以外はさらっと描くスタンスということで、あまり忍城は出てこないかもしれませんが…。
さて信繁ですが、秀吉の前での裁定で相対した江雪斎と本多正信の手引きによって、氏政の説得のため小田原城に入り…、意外な人(小山田重誠※信繁の姉・松の夫)との再会もあったり、この先どうなることやら。

« 真田丸:22 | トップページ | 日本の美術館ベスト100ガイド »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63989142

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:23:

« 真田丸:22 | トップページ | 日本の美術館ベスト100ガイド »