2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« アンソロジー そば | トップページ | 遮光 »

2016年6月 9日 (木)

風葬

Fuusou

北の町のサスペンス。

桜木紫乃
「風葬」

北海道の海端の岬のある町が舞台のお話。かつて、そこに住む漁師がロシア船に拿捕され命を落とし、その娘もまもなく謎の死を遂げ、それから30年後。娘の担任だった男とその息子、娘と関わりのありそうな書道教師の母娘、それぞれの視点から、薄いベールがひとつひとつ剥がれるように、かつての事件の真相ととある人物の出生の秘密が明らかになっていく…というお話。
今まで数作読んできた桜木紫乃さんの作品のなかでは、いちばんサスペンスもののような緊張感が色濃く、その先にある真相を早く知りたくて夢中で読みました。桜木紫乃さんの作品特有の、どうしようもないやるせない空気に溺れそうになりながらも…今回も凄く引き込まれました。

« アンソロジー そば | トップページ | 遮光 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63712683

この記事へのトラックバック一覧です: 風葬:

« アンソロジー そば | トップページ | 遮光 »