2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 風葬 | トップページ | もう二度と見ることができない名作レトロ建築 »

2016年6月10日 (金)

遮光

Shakou

デビュー作から順番読み、2作目。

中村文則
「遮光」

恋人を失った喪失感からとんでもない行動に出てしまった主人公「私」の顛末。
冒頭から、なにやら怪しげな瓶が登場してモヤモヤと不安な気持ちになりました。そして、演じることが身についてしまっていて、呼吸をするように嘘に嘘を重ねる主人公の様子を見ていると、どこからどこまでが本当なんだろう…と、そもそもの前提すら揺らいでしまうような、そんな感覚のまま大変な事態が起こり、…読み終わっても、うーん何だったんだこれ?っていうモヤモヤが。
とにかく色々なことが気持ち悪く受け入れがたいと思いつつ読むのはやめられない、不思議な引力を感じました。

« 風葬 | トップページ | もう二度と見ることができない名作レトロ建築 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63702714

この記事へのトラックバック一覧です: 遮光:

« 風葬 | トップページ | もう二度と見ることができない名作レトロ建築 »