2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 作家名でわかる逆引き美術館手帖 | トップページ | 浅見先生の秘密 »

2016年7月13日 (水)

エリカの咲く庭

Erikanosakuniwa

新シリーズ2作目。


ごとうしのぶ
「崎義一の優雅なる生活
エリカの咲く庭」

今回のメインは佐智と聖矢。ふたりが出会った頃と佐智が託生の前にギイの幼馴染として現れた時。そのちょうど真ん中あたりの頃のお話。
そういえば、ふたりが出会ったきっかけも、聖矢の仕事を考えればさもありなんという事件だったような気はしますが、今回の事件はそれに輪をかけて大掛かりな事件に、図らずも巻き込まれてしまった佐智と、その事件を捜査する聖矢。
大きな事件の結末は、なんだか駆け足というか尻すぼみな感じで終わってしまった感じはしましたが、ふたりの結構激しい喧嘩や、世話好き(?)ゆえに事件に関わることになったギイのエピソード、そして、今まであまり読んだことのない大木さん(佐智のマネージャー)や島岡さん(ギイのお父さんの秘書)の胸の内が読める部分もちょっとずつあったりするところは面白かったかもしれません。
このシリーズがまだ続くなら、祠堂の時のメンバーのその後なんかも少し読んでみたい気がするのですが…、なんとなくですが、ごとうさんはそういうのじゃないお話書きたい雰囲気なのかもという気もしています。

« 作家名でわかる逆引き美術館手帖 | トップページ | 浅見先生の秘密 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63927416

この記事へのトラックバック一覧です: エリカの咲く庭:

« 作家名でわかる逆引き美術館手帖 | トップページ | 浅見先生の秘密 »