2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 根津美術館 | トップページ | シネマ歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」 »

2016年7月21日 (木)

岡本太郎記念館

Okamototaroukinenkan201607101_2

根津美術館へ行く前に…こちらにも立ち寄りました。
岡本太郎記念館です。
とあるサイトで交流のある方がこちらを訪れた際の写真を投稿していて、すごく興味を惹かれるものが写っていたので、見に来てみました。

Okamototaroukinenkan201607103

それがこれ。
太陽の塔が2階のベランダの手すりに手をかけてこちらを見下ろしています。
面白いし、それになんだか可愛らしいです。

Okamototaroukinenkan201607102

さて、建物内の展示ですが…細い通路を抜けた先の部屋に、こちらを向いて立つ岡本太郎さんがいて、人形だと分かっていてもビクッとしてしまいます…(苦笑)。

Okamototaroukinenkan201607105

太郎さんのアトリエ。2階まで吹き抜けになって、壁は本やキャンバスの仕舞われた棚で埋め尽くされ…なんとも壮観な眺め。
そして…机の脇に、私の地元のお祭り・御柱祭に関係のあるものが置かれていて、おおっ!という感じ。縄文について取材されているときに知った御柱祭に魅せられ、御柱に乗りたいと思っていた…というエピソードを地元のテレビ番組で知ったのも、今回この記念館を訪れようと思ったきっかけのひとつだったので、それに繋がるものがアトリエに置かれていたことがとても嬉しかったです。

岡本太郎さんの作品は私の感覚からすると、だいぶシュールで理解の範囲を超える部分も多いのですが、ユーモラスでちょっと可愛いなと感じるところもあり、なかなか楽しめました。

Okamototaroukinenkan201607106

おまけ。
ロビーに置いてあった「コップのフチの太陽の塔」のガチャガチャをやってみたところ…フチ子と太陽の塔が肩を組んでるのが出ました。シークレットらしいです。フチ子はすでに家に3人(?)もいるので、シークレットじゃなくても良かったんですけど…しばらく飾って楽しもうと思います。

« 根津美術館 | トップページ | シネマ歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/63929757

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎記念館:

« 根津美術館 | トップページ | シネマ歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」 »