2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« サンリツ服部美術館 | トップページ | セイジオザワ松本フェスティバル2016 »

2016年8月22日 (月)

真田丸:33

家康vs三成。

大河ドラマ「真田丸」
第33回:動乱

秀吉の死後、激しく対立するようになった三成と家康。
そしてとうとう三成は徳川屋敷を襲撃しようと企て、その動きを察知した家康は、家臣に加え、豊臣ゆかりの大名にも声をかけ守りを固め始めます。
それにしても…三成はやることなすこと上手く行かず、大谷吉継のギリギリの説得にも耳を貸さず。信繁が、三成を諦めさせるために父・昌幸に徳川方につくようにし、出陣の直前にその知らせが来るよう画策もしていましたが、それもあまり効果がなく、最終的には、今ま命をつなぎ徳川を討つときを待て、という上杉の言葉でようやく踏みとどまり兵を退くことになりました…。
私は、石田三成という人が史実でどうだったかということを少し脇に置いて、脚本を手掛ける三谷さんが、三成をどういう人として描こうとしているのかということを、ここ数話の山本耕史さん演じる三成を見ながら考えていました。
三成は、真面目で一生懸命で、でも真っ直ぐすぎて融通が利かないところがあったり、秀吉のような人の懐に入る術を持っているわけではないから、人間関係で苦労している…、そんな風に感じました。そして、そういう人だと思えば思うほど、この人の行く先がやるせなく哀しいという気もします。
さて…兵を退いた三成ですが、この騒ぎで天下取りに意欲を持った家康がいて…、まだ色々起こりそうな雰囲気ですね…。

« サンリツ服部美術館 | トップページ | セイジオザワ松本フェスティバル2016 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64091644

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:33:

« サンリツ服部美術館 | トップページ | セイジオザワ松本フェスティバル2016 »