2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ひとくちすあま | トップページ | ウォーリーをさがせ!トラベルコレクション »

2016年9月 5日 (月)

真田丸:35

真田一族の決断。

大河ドラマ「真田丸」
第35回:犬伏

家康は上杉討伐に、三成は豊臣の名のもとに徳川討伐に乗り出すなか…、真田は徳川を討ち、その機に乗じて武田の治めていた甲斐・信濃を取り返すという昌幸の考えのもと、上杉に加担することを決めていました。
が…、いったんは徳川に味方する動きを見せた大谷吉継が三成とともに指揮を執ることになり、豊臣方が挙兵したことにより状況は変わって、徳川にも豊臣にもつかず上田で守りを固め攻めてきた敵の兵が疲弊したところを狙って反撃する…という父・昌幸に、兵が疲弊するほど戦が長引かなかった場合、戦の後の世で真田は居場所を失ってしまう…と反論する信繁。
そこで信幸の提案。それは、信幸は徳川につき、昌幸・信繁は豊臣につく。そして、勝った側についた者は、負けた側についた者を助けるために力を尽くす…というもの。この物語の主人公である弟、そしてその才覚で戦国の世を乗り切ってきた父。そんななかで、真面目で真っ直ぐな長男として今まで色々なことがあった信幸の、今回がいちばんの見せ場だったような。
この場面がいわゆる「犬伏の別れ」。真田氏の物語でいちばん有名なところですが、ドラマの撮影でも三人そろっての最後の撮影がこの場面だったとか。別れを決めてからの「背水の陣」について語り合う三人には、翌日には違う道を歩くということを感じさせないような、いつも通りの雰囲気ですが、それだけに別れが胸に迫ります。
…ここから、真田が二手に分かれての戦へ。次回は「勝負」です。

« ひとくちすあま | トップページ | ウォーリーをさがせ!トラベルコレクション »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64157794

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:35:

« ひとくちすあま | トップページ | ウォーリーをさがせ!トラベルコレクション »