2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ダヤンのお祭りの本 | トップページ | 年下のセンセイ »

2016年9月19日 (月)

真田丸:37

関ケ原の後。

大河ドラマ「真田丸」
第37回:信之

大方の予想を裏切り、始まったその日のうちに決着がついた関ケ原の戦い。
昌幸・信繁親子は上田城を徳川方に明け渡すことが決まり、徳川方についた信幸は父と弟の命を救うべく、家康のいる大坂へ。義父である本多忠勝が、初めて家康に逆らってまで娘婿である信幸の後押しをする姿、ぐっときました。
結果、昌幸と信繁は高野山への配流が決まり、信幸はその条件として父と縁を切り父親からもらった「幸」の字を捨てることを家康から要求されますが…、大坂で家康と対面した昌幸は「城も兵も馬もなく戦のできないまま死んでいく」と家康から告げられることに。命を助けたのは、重臣である忠勝に言われたからというところもあったかもしれませんが、自分を裏切った人物を生かしておくことは危険なことでもあるのに、死ぬよりも辛い時間を過ごさせる…ということが目的でもあったとしたら、こんなに残酷なことはないなあと思わずにはいられません。
さて…家が生き残るためにそういう道を選んだとはいえ、父に代わり上田を治めることを家康から命じられた信之、高野山へ向かうことになった昌幸・信繁親子、それに伴って家族や家臣も別れ別れになって…、まだまだ辛い展開は続きそうです。

« ダヤンのお祭りの本 | トップページ | 年下のセンセイ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64222728

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸:37:

« ダヤンのお祭りの本 | トップページ | 年下のセンセイ »