2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 東山魁夷館平成28年度第Ⅲ期常設展示「ベルリン留学」 | トップページ | 9月の観たい映画その後 »

2016年9月29日 (木)

信濃美術館「歌川広重の世界」

Image_22

東山魁夷館訪問と併せてこちらも、ずく出して!行ってきました(苦笑)。

信濃美術館
「生誕200年 歌川広重の世界(平木コレクション)」
2016年9月16日(金)-10月16日(日)

江戸時代、庶民の芸術として誕生した浮世絵、その代表的な絵師として現在も知られる歌川広重の「東海道五十三次」や江戸をはじめとした日本の四季を描いた作品を紹介。
広重は様々な東海道五十三次を描いているそうで、そのなかでいちばんの傑作といわれる保栄堂版の五十三次すべての作品を見ることができ、しかも初擦と後擦もしくは変わり図と並べて展示されている作品も多く、版木の新しい感じと使いこまれた感じ、細かなところで修正がされている部分などが比較できるところも面白かったです。五十三次全部見ても、多少疲れはしましたが飽きることはありませんでした。
また、「名所江戸百景」を中心に江戸の風景や風物を四季ごとに紹介する展示もあり、日本らしい美しさや楽しさや面白さを感じる作品がたくさんでとても楽しかったです。このなかには、何かの機会に目にしたことがある作品もたくさんありましたが、あらためて、江戸時代に親しまれた画家の素晴らしい才能に触れることができて良かったです。

« 東山魁夷館平成28年度第Ⅲ期常設展示「ベルリン留学」 | トップページ | 9月の観たい映画その後 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64288722

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃美術館「歌川広重の世界」:

« 東山魁夷館平成28年度第Ⅲ期常設展示「ベルリン留学」 | トップページ | 9月の観たい映画その後 »