2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« MUSIC TRAVELERS in松本 | トップページ | 東山魁夷館平成28年度第Ⅳ期常設展示「風景画家として」 »

2016年11月23日 (水)

かもめin松本

Image_9

久しぶりの演劇鑑賞。

「かもめ」
2016年11月19日(土)18:00より
まつもと市民芸術館主ホールにて

作:アントン・チェーホフ/翻訳・上演台本:木内宏昌
演出:熊林弘高
出演:佐藤オリエ/中嶋朋子/小林勝也/渡辺哲/山路和弘/あめくみちこ/渡辺大知/坂口健太郎/田中圭/満島ひかり

ロシアのとある片田舎を舞台に、女優や作家、そしてそうなりたい人々、自分の恋やどうしようもない環境に鬱屈したものを抱える人々のお話。
このお芝居を観に行くにあたり、登場人物や大まかなストーリーを抑えておこうと、本を読んだのですが…普段あまり戯曲を読みなれていないせいか、本当にサラッと読んでしまったのですが、こうして役者さんの演じる姿や発する言葉を肌で感じると、その登場人物の主張するところが届いてくる感じがして、物語に入り込むことができたような気がします。
最初から最後まで、決して明るい雰囲気はないのですが、ところどころでつい笑ってしまうような部分が用意されていたり、また、本当に豪華で素晴らしい演技が見られる役者さんがいっぱいで楽しむことができました。

« MUSIC TRAVELERS in松本 | トップページ | 東山魁夷館平成28年度第Ⅳ期常設展示「風景画家として」 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64547845

この記事へのトラックバック一覧です: かもめin松本:

« MUSIC TRAVELERS in松本 | トップページ | 東山魁夷館平成28年度第Ⅳ期常設展示「風景画家として」 »