2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 真田丸:45 | トップページ | かもめ »

2016年11月15日 (火)

無垢の領域

Mukunoryouiki

才能の有無。

桜木紫乃
「無垢の領域」

道東の町を舞台に、書道家の秋津とその妻で養護教諭の怜子、民営化を目指す市立図書館の館長である林原とその妹の純香が出会ったことから始まる物語。
純香の、兄曰く「社会に出すのが難しい」部分や純粋すぎるところや類稀なる才能に対し、凄いとか好きだなあとか思いつつも、どこかで嫉妬や疎ましさ煩わしさをも併せもつ周りの人々の感情。誰もがきれいごとでは終わらない内面を持っているし、そしてあまりにもあっけなく訪れるとある事件。そして終盤の授賞式での秋津と林原の会話にええっ!となりつつも、あの時のあれか~と気付きますが…、秋津、なんということをしてしまったんでしょうか。
この作品には書道が深く関わっており、私は、小学生から高校生まで書道教室に通っていて、その後も学校での授業や卒業研究にも書道を選ぶ機会が多かったので、そういう意味でも物語のなかに出てくる書道教室に漂う炭の香りなどを自分の思い出とともに思い描きましたが、自分なりの作品として表現する本当の意味での「書道」は私には無理だったしあまり興味もなかったなあということや、そういう才能はやっぱり限られた人のものだと改めて思いました。
桜木紫乃さんの作品はどれも、読んでいて明るい気持ちになる部分はあまりなく、むしろどんよりさせられて堪らない気持ちになるのに読むのをやめられない…、そんな言葉で上手く説明できない引力がある気がします。

« 真田丸:45 | トップページ | かもめ »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64449516

この記事へのトラックバック一覧です: 無垢の領域:

« 真田丸:45 | トップページ | かもめ »