2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 真田丸:44 | トップページ | みすゞあられ »

2016年11月 8日 (火)

ドラマ「夏目漱石の妻」

この秋、こんなドラマを見ました。

ドラマ「夏目漱石の妻」(全4回)
NHK総合2016年9月24日(土)-10月15日(土)

明治の文豪・夏目漱石とその妻・鏡子のお話。
熊本での教師時代やイギリスへの国費留学などをしていた時期を経て作家となっていく金之助(漱石)を長谷川博己さんが、神経質で気難し屋な夫を支える妻・鏡子を尾野真千子さんが演じていました。
この夫婦、喧嘩して、言いたいことをワーワー言ったり暴れたりしたあとでなんとなく良い雰囲気でまとまって…ということを毎回繰り返しておりました…。本心では妻を得難い存在だと思っているとはいえ、こんな言動を繰り返していたらあっという間に離婚されていそう…(苦笑)。それでもこの夫婦が素敵だと思えたのは、金之助の不器用さや鏡子の一生懸命さが色々な部分で感じられたからかもしれません。
今年は漱石没後100年という節目の年。お正月にも「吾輩は猫である」が書かれた頃のことを描いたドラマを放送していて(この時の漱石役は桐谷健太さん)、ああ、うちに買ったきり読んでない「吾輩は猫である」があるなあと思っていたのですが、今年中に読もうと思います。

« 真田丸:44 | トップページ | みすゞあられ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64449687

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「夏目漱石の妻」:

« 真田丸:44 | トップページ | みすゞあられ »