2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 真田丸:43 | トップページ | ドイツの古城とライン川を行こう »

2016年11月 3日 (木)

どこかでベートーヴェン

Dokokadebetoven

岬洋介シリーズ最新作♪

中山七里
「どこかでベートーヴェン」

ショパンコンクールのニュースでかつての級友・岬洋介の名前を聞いた主人公・鷹村亮が、高校時代に起こった殺人事件と、岬が自らにかけられた疑いを晴らすべく犯人探しをする姿を思い起こす…というお話。
岬の、どこか浮世離れしたような飄々としたところは17歳の頃も同じ。けれども父親との確執や、同級生たちとの間にある心の溝、夢を諦めざるをえないような事態など、ずいぶん苦しい展開で辛いです。だからこそニュースで岬の名前を目にした主人公の気持ち…ぐっときます。
そして…エピローグの最後の一文でおお!となります。次回作のタイトルにもベートーヴェンが入ってるということはこの続きになるんだろうなあと想像すると…読むのがすごく楽しみです!

« 真田丸:43 | トップページ | ドイツの古城とライン川を行こう »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64433137

この記事へのトラックバック一覧です: どこかでベートーヴェン:

« 真田丸:43 | トップページ | ドイツの古城とライン川を行こう »