2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« アンソロジーおやつ | トップページ | 真田丸:46 »

2016年11月20日 (日)

恋するハンバーグ

Koisuruhanbarg

美味しそうでほっこりするお話♪

山口恵以子
「佃はじめ食堂 
恋するハンバーグ」

東京の下町にオープンした洋食屋さん「はじめ食堂」が舞台のお話。
昭和40年代の、まだ戦争の記憶を残しつつも時代が大きく変わっていくところがいきいきと描かれていて楽しく読むことができ、そのなかに、料理に料理人として関わる人々の喜びや苦しみが伝わってくるところも良かったです。
それにしても美味しそうなものがいっぱい出てくるし、近くの商店街のおじさんやお兄さんたちがお昼を食べに来たり夜は一杯飲みに来たりする、そんなお店の雰囲気が楽しくて、また、ご近所や従業員に起こるトラブルをそれぞれの力を合わせて解決したり、年が上の者が下の者に対してあれこれ力になったり、筋の通らないことにはピシッと意見したり、そういう商店街の雰囲気も良かったです。
作者の山口恵以子さんは、時々テレビの情報番組やクイズ番組でお見掛けすることはありましたが、こういうお話を書かれていることは全然知りませんでした。他に、この洋食屋さんのおかみさんとして登場する一子さんがもう少し年を重ねてからのお話も書かれているそうなので、機会があれば読んでみたいです。

« アンソロジーおやつ | トップページ | 真田丸:46 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64514196

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するハンバーグ:

« アンソロジーおやつ | トップページ | 真田丸:46 »