2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 本屋さんで待ちあわせ(再々読) | トップページ | クリスマス・キャロル »

2016年12月24日 (土)

陰陽師(小説)⑧

Onmyojinovel15

15作目。

夢枕獏
「陰陽師 玉兎ノ巻」

安倍晴明と源博雅が登場するシリーズ15作目。
晴明の家でふたりで酒を飲みながらつらつら話すうち、なにやら依頼が舞い込むお約束の展開が繰り返されるわけですが、でもそれがこのシリーズの良いところ。そして、そういう展開のなかで、この不思議な現象の原因がなんなんだろうとか、晴明がこれをどう解決しようとしていて博雅はそこにどう関わってくるんだろうとか、分からないなりに予想したり想像するのも面白いところ。それにしても…博雅は相変わらず無意識に事態を解決に導く働きをするところが素晴らしいです。
そしてまた、そんなふたりが登場しない、道満が主人公の「道満月下に独酌す」はちょっと切ない感じのお話。最近は、巻によっては晴明や博雅が登場しないお話の割合が大きいことも結構ありますが、それはそれで楽しいところ。

« 本屋さんで待ちあわせ(再々読) | トップページ | クリスマス・キャロル »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64673646

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師(小説)⑧:

« 本屋さんで待ちあわせ(再々読) | トップページ | クリスマス・キャロル »