2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 1月の観たい映画 | トップページ | 昭和元禄落語心中(完結) »

2017年1月 3日 (火)

ドラマまとめ2016年10月‐12月分

火曜夜9時・フジテレビ系
「メディカルチーム レディ・ダヴィンチの診断」
吉田羊さん演じる外科医をはじめとする7人の女性医師たちが、原因不明の症状で苦しむ患者の病を解明する…というお話。症状や患者の生活環境などをヒントに何の病気かを探るところは推理ものっぽい雰囲気でした。

火曜夜10時・TBS系
「逃げるは恥だが役に立つ」
新垣結衣さんと星野源さんが「家事に給料を支払う」という形の契約結婚をし、そこから恋愛に発展するのか…というお話。ふたりがお互いにドキドキしたりソワソワしたり、自分や相手の言動に一喜一憂したり…すごくもどかしく、むず痒く、きゅんとさせられて、うわあ~と思いながら毎回見るのが楽しみでした。ふたりの周囲の人々の恋愛やそれ以外の人間関係の模様も見るのが楽しかったです。

水曜夜9時・テレビ朝日系
「相棒season15」
前シーズンから引き続き、反町隆史さん演じる冠城亘が相棒。今回は警察官として採用されての再登場。確かに…警察官ではない身分で事件捜査の現場にいると、色々不自然なことも感じたのでこの形が良いのかも…。次クールまで続くのと、元日スペシャルや劇場版の公開もあるので、これからも楽しみです。

水曜夜10時・日本テレビ系
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」
ファッション誌の編集者に憧れる河野悦子が、自分でも気づいていない才能を見出され、校閲部で働く…というお話。主人公の悦子の頑張り屋さんでなんでもズバズバ言うところがスカッとしてときにホロリとさせられる楽しいお話でした。

木曜夜9時・テレビ朝日系
「ドクターX~外科医・大門未知子~」
米倉涼子さん演じるフリーの凄腕外科医・大門未知子が、大学病院の派閥争いや経営上の利益などに一切構わず、どんな困難な手術にも挑んでいくお話。
「私失敗しないので」と実際に言うのは、たいていの場合とても難しいことではありますが、そう言えるくらいの自信、そう言えるほどの準備、そういうものを目指したいなあという気持ちになります。

金曜夜11時15分・テレビ朝日系
「家政夫のミタゾノ」
松岡昌宏さん演じる家政夫・ミタゾノが派遣された家のなかの秘密を暴く…というお話。秘密を暴かれた家族は色々なものを失い不幸になったように見えるのですが、それから本当の幸せになれるきっかけをつかんでいくというところが見どころ。所々に織り込まれる家事の裏技も興味深かったです。


おまけ①
日曜夜8時・NHK総合ほか
大河ドラマ「真田丸」
真田信繁(幸村)の生い立ちから活躍までを描く物語。
1年間同じドラマを見続けるというのは、観るだけでも実は結構大変なことではありますが、現代人にも通じる何かを感じさせながらも現代人とは違う哲学のもとで生きているということも感じられて、たくさん登場する戦国の世を生きた人々が魅力的に描かれて、いつもワクワクしていました。とても楽しい1年間でした。

おまけ②
土曜夕方5時30分・NHK Eテレ
「クラシカロイド」
モーツァルトやベートーヴェンなど“クラシカロイド”と名乗るキャラクターが“ムジーク(音楽)”を奏でると巨大なロボットや星などが出現する不思議な現象が起こる…というお話。クラシックの名の知れた作曲家の名を名乗るキャラクターがたくさん出てきて、クラシックの名曲がロックテイストにアレンジされた曲がたくさん使われたり、ものすごく突飛ながら楽しめる内容。まだ続くみたいなので楽しみです。

« 1月の観たい映画 | トップページ | 昭和元禄落語心中(完結) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64700966

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマまとめ2016年10月‐12月分:

« 1月の観たい映画 | トップページ | 昭和元禄落語心中(完結) »