2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ハーゲンダッツラムレーズン | トップページ | スタイルズ荘の怪事件 »

2017年1月23日 (月)

おんな城主直虎:3

おとわ、今川の城へ。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第3回:おとわ危機一髪

前回、自ら髪を切り「尼になる」と言い出したとわ。
しかし今川からは、井伊の家督を継ぐ者をなくす目的で、とわを人質に寄越すよう命じてきました。
龍潭寺の南渓和尚は、なんとかとわが人質になることを阻止しようと今川の軍師・太原雪斎に接触し、尼でも人質でも家督を継がないのは一緒だから…と働きかけるものの、とわは今川の治める駿府に到着。
一度は人質としてこのまま暮らすことになってしまうのか…という展開ではありましたが、かつて今川に人質として差し出され駿府にいる佐名(南渓和尚の妹)から、今川義元の母・寿桂尼へその嘆願は取り次がれ、とわの諦めない性格が功を奏し、義元の子・龍王丸に蹴鞠で勝利(?)し、寿桂尼と雪斎の助言もあり、人質の身から解放されることに。
とわの頑張る姿よりは、私は佐名のことが印象に残りました。
とわと初めて会ったときの様子からすれば、とわの身を救うために協力してくれるんだろうか…と心配になりましたが、結局は、佐名の働きかけがとわの身を救ったわけで。
生まれ育った井伊谷の井伊家のためなのか、幼いとわのことが内心では不憫だったのか、自分のような思いを他の者にさせたくなかったのか、とわが人質としてとどまることによって、帰りたい気持ちもあるけれど帰れない井伊谷のことを思いだす人々(たとえば兄の南渓和尚など)と今後頻繁に顔を合わせるくらいなら、今のうちにとわのことを救ってしまおうと思ったのか…、このやるせない境遇の女性の内面には様々な思いが渦巻いているように思いました。
一方井伊谷では小野政直の子・鶴丸が井伊のご隠居に連れ去られる事件も起きていましたが…鶴丸は持ち前の賢さを発揮。その言葉に膝を打ち鶴丸の弟も連れ去りに行こうと立ち上がりかけたご隠居様。笑っている場合ではありませんが、つい…笑いが…(苦笑)。
さて次回は、出家し修行の身となったとわの奮闘。楽しみなような怖いような。

« ハーゲンダッツラムレーズン | トップページ | スタイルズ荘の怪事件 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64825678

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:3:

« ハーゲンダッツラムレーズン | トップページ | スタイルズ荘の怪事件 »