2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画「沈黙-サイレンス-」 | トップページ | 1月の観たい映画その後 »

2017年1月30日 (月)

おんな城主直虎:4

おとわ、次郎法師に。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第4回:女子にこそあれ次郎法師

人質の身から解放され井伊谷へ戻ってきたおとわに待っていたのは、得度、そして龍潭寺での修行の日々でした…。
南渓和尚は、井伊の跡取りにつける幼名・次郎の名をとわにつけ、あえて在家ではなく寺での修行をさせることにします。それは、駿府でとわは女子(おなご)のなりをしていても井伊を継ぐべき人物だと感じたから。
しかし、少々型破りではあるものの姫として育てられていたとわに寺での生活は厳しく、道を逸れそうにもなりましたが、鶴丸の助言で「大きくなったら僧として亀之丞の竜宮小僧になる」という道を見つけ、修行に励むように。
そして、とわの父である直盛にも変化が。今川の権威をかさに着て謀反の疑いで討たれた直満の領地を手に入れようとしていた小野を親の敵と付け狙う人物から守り、引き換えに領地の半分を諦めさせる手に出ました。抗弁をする小野に刀を抜いて迫る直盛。でもそこで命を取ることはしない直盛の小心さや優しさ。それはそれで直盛の良い部分ではありますが…戦国の世を生き抜いていかないといけないというと、これがどうなることか…。
そんななか、駿府で合った瀬名姫から、義元の子・龍王丸の妻となることが決まったという手紙が。
…そんなわけで次回は「亀之丞帰る」。いよいよ、役者さんが大人に入れ替わります。今までの子役さんたちも素敵でしたが、これからまたますます楽しみになります。

« 映画「沈黙-サイレンス-」 | トップページ | 1月の観たい映画その後 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64825978

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:4:

« 映画「沈黙-サイレンス-」 | トップページ | 1月の観たい映画その後 »