2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ヨーグルト×市田柿スティック | トップページ | 倒れるときは前のめり »

2017年2月22日 (水)

ピーターラビットの絵本②4-6

Piterrabbit4 Piterrabbit5 Piterrabbit6

ピーターラビットの絵本、その②

ビアトリクス・ポター
ピーターラビットの絵本
4「こねこのトムのおはなし」
5「モペットちゃんのおはなし」
6「こわいわるいうさぎのおはなし」

その①に引き続き。
まずひとつめ(4作目)。うさぎは全く登場しない、ねこのお話。こねこのトム&ミトン&モペットが、そのやんちゃぶりで、お茶会の準備で忙しいおかあさんねこのタビタ・トウィチットさんを困らせるお話。どの絵もこねこちゃんたちが毛がふさふさむくむくですごく可愛いです。色々な仕草もすべて可愛いです。おかあさんが、お茶会のお客様に恥ずかしくないように…とトムたちに支度したものが、無残にもどんどん台無しに なっていきます…。おかあさんはなぜこの子たちをお外に出しちゃったんだ…と思ってしまいます。ボロボロになったトムたちの前に現れたあひるさんたちの性格にも意外性があって面白いお話です。
そしてふたつめ(5作目)。こねこのトムの妹・モペットが、かなりのやんちゃぶりを発揮し、ねずみとの攻防を繰り広げるというお話。モペットをからかうねずみの仕草が可笑しいです。そして、捕まえた!と思ったねずみに逃げられたと気づいたときのびっくり顔が可笑しくて可愛くてたまりません。それはそうと、自分をからかったねずみへの仕返しをこんな風にしようと考えつくなんて…なかなかワルなこねこちゃんです。
このシリーズでねこが出てくるのはこのふたつのお話だけで、作者のビアトリクス・ポターはこのねこのお話を書くために3匹のこねこを借りて飼ったそうで、そのこねこが凄くやんちゃだったとか。
さいご、みっつめ(6作目)。おとなしいいいうさぎから人参を奪ったこわいわるい(そして強い)うさぎのお話。なんだか…ドラえもんのジャイアンを彷彿とさせるようなキャラクター(こっちのうさぎの方が先ですが)。そんなうさぎを見つけたてっぽうをもったおとこのひとの登場で、まさか…にくのパイにされちゃうのか…?とハラハラしましたが…こわくてわるいうえに逃げ足も早かったみたいです…。

続きも楽しんで読もうと思います♪

« ヨーグルト×市田柿スティック | トップページ | 倒れるときは前のめり »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64913727

この記事へのトラックバック一覧です: ピーターラビットの絵本②4-6:

« ヨーグルト×市田柿スティック | トップページ | 倒れるときは前のめり »