2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ピーターラビットの絵本②4-6 | トップページ | さらば俺たち賞金稼ぎ団 »

2017年2月23日 (木)

倒れるときは前のめり

Taorerutokihamaenomeri

エッセイ集。

有川浩
「倒れるときは前のめり」

有川浩さんのエッセイ集。
今までに小説はたくさん読んできましたが、それ以外のものをこれだけたくさん読んだのは初めてかもしれません。小説ではないけれど、小説を読んだときに感じる有川浩さんらしさがここにもたくさんあると感じました。
すべての意見に賛成!というわけではないけれど、そこも含めて、なるほど、分かるなあと思うような意見が多かったなあという感じでしょうか。
なかでも、映像化に寛容にお願いしますというところや、読書というのは難しい本やためになる本を読むことだけじゃない、というところは、かなりうなずけるところがありました。
世の中には色んな人がいるように色んな本とそれを好きな人がいるのは当然で、読む本を否定するのは、大げさに言えば読んでいるその人のこともある意味否定するようなものかもしれません。本を読んだときや映画やドラマをみたときの感想は、良いものだけとは限りませんが、ネガティブなものほど、どこがどう自分には受け入れがたかったのかというようなことを、ちゃんと言葉を尽くすとか乱暴にならないようにとか、気をつけないといけないなあとあらためて思いました。

« ピーターラビットの絵本②4-6 | トップページ | さらば俺たち賞金稼ぎ団 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64899785

この記事へのトラックバック一覧です: 倒れるときは前のめり:

« ピーターラビットの絵本②4-6 | トップページ | さらば俺たち賞金稼ぎ団 »