2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 古武道 10th Anniversary Concert | トップページ | ロマンシエ »

2017年3月13日 (月)

おんな城主直虎:10

次郎、竜宮小僧として。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第10回:走れ竜宮小僧

桶狭間で亡くなった弟・玄蕃の妻なつと子どもをめぐり、なつの父である奥山と諍いになり、斬ってしまった政次。その場から逃げてしまったことで井伊の家中にはやっぱり小野はという空気が漂うことに。でも…その場にとどまって事実を述べたところで、悪い方に悪い方にと解釈されかねない、それが小野という家の微妙なところ。
次郎(とわ)が政次の竜宮小僧となって、小野の名代として井伊の家臣の人々のもとへ行ってくれるようなつに頼んだり、政次が奥山とのことを反省していて写経をしている…という状況をつくって井伊家中での政次の立場が少しでも良くなるように画策。なかなかいい働きっぷりでした。それにしても…、政次のような人でも奥山殿が成仏していない、と言われたらおとなしく写経をするというところが、なんだか可笑しかったです。
そして、直親・しのの夫婦にはついに子どもが。これがのちの井伊直政。徳川四天王のひとりで彦根の初代藩主となる人物です。
そんな平和な空気の流れつつあった井伊ですが、駿府では岡崎に帰った松平元康(のちの家康)が今川からの独立を果たすための行動に移り、妻である瀬名とその母・佐名(井伊家出身)も松平家の人質として危険にさらされることに…。
そんな井伊ゆかりの人々の危機に立ち上がった次郎。こちらでも竜宮小僧となるべく頑張りますが、とうとう瀬名が自害を命じられる事態に。自害する寺への移動を身を挺して食い止めようと知る次郎。そして…、今回はそこまで。続きがものすごく気になるところで終わってしまい、次回が待ち遠しいです。

« 古武道 10th Anniversary Concert | トップページ | ロマンシエ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65007314

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:10:

« 古武道 10th Anniversary Concert | トップページ | ロマンシエ »