2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 王さまと九人のきょうだい | トップページ | バベル九朔 »

2017年3月 6日 (月)

おんな城主直虎:9

桶狭間の戦い、そしてその後。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第9回:桶狭間に死す

今川が織田攻めを行うことになり、当主の直盛率いる井伊谷の人々も戦場へ。これがいわゆる「桶狭間の戦い」。
負けるはずのない戦、と思われていたものの、織田の急襲を受け今川は大敗を喫し、政次の弟・玄蕃が討ち死に、そして、次郎(とわ)の父で井伊家の当主である直盛もまた、命を落とすことに…。
井伊谷では、この戦によって井伊の重臣のなかで近親者を亡くさなかったものは一人もいないというほど多くの犠牲者を出し、悲しみに包まれながらも、直盛の遺言に従い戦上手の中野直由を中心に家中を立て直そうというなか、夫・直盛を亡くしながらも気丈に振舞い、家族を亡くした者たちへの手紙を書き続けていた、次郎の母・千賀。手紙は父を失った次郎にもありました。そこで明かされた、父の言いかけた「いつかもし…」の続き、そして父が娘を思う気持ち。そして、訪ねてきた直親としのから子どもができたことを告げられた千賀の涙…。このくだりは涙無くしては見られませんでした…。
さて…多くの犠牲を払いながらも、新たに立ち上がろうとする前向きな展開。と思いきや。
その一方で、この戦で大けがを負いながらも生き延びた奥山(直親の妻・しのと玄蕃の妻・なつの父)と政次の間で、玄蕃の死で遺されたなつとその息子を取り戻そうと画策。政次は「なつの好きにしていい」と言いつつ…、なつが小野に残ると言うのを分かっているという感じではあります。
そして…手紙のやりとりでなつたちの今後についてやり合っていた政次と奥山がついに直接対決!話がついた(というか政次が奥山をやり込めた)かと思いきや…政次に斬りかかる奥山…。そして、刀傷を負い次郎を訪ねてきた政次は「奥山殿を斬ってしまった…」と…。この後の展開が気になるところです。
そして一方。桶狭間で死んだ義元の後を継ぐべき息子・氏真があまり頼りにならない様子な今川、この戦をなんとか生き残り岡崎城に戻った松平元康(のちの家康)。こちらの今後も気になるところです。








中野・新野

辻が花
いつかもし

玄蕃の妻子・なつと伊之助…奥山

« 王さまと九人のきょうだい | トップページ | バベル九朔 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/64976640

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:9:

« 王さまと九人のきょうだい | トップページ | バベル九朔 »