2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 銀盤騎士⑩ | トップページ | 箏と筝曲を知る事典 »

2017年4月 3日 (月)

おんな城主直虎:13

いきなり直面する難局。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第13回:城主はつらいよ

還俗はせずに、虎松の後見として城主・直虎を名乗ることになった次郎(とわ)。
わずかに残った家臣たちの反発や困惑、そして今川の命令によって再び井伊谷にやってきた小野政次と後に井伊谷三人衆とよばれる人々の動きなども気になるなか…、度重なる戦によってできた借財と年貢で二重に苦しむ領内の村の人々が徳政令(借財の棒引)を願い出て、しかも井伊家も村人たちと同じ、瀬戸方久という商人から多大な借財を抱えていることが明らかとなり、あらたな悩みを抱えることになった直虎。
この方久という人物、幼い頃の直虎が出会ったあばら家に住んでいた男。家出した直虎(その頃はとわ)を無事お城へ戻したことで得たお金を元手にした商人となったのでした…。
そんな方久を家臣の列に加え、徳政令を願い出た村を彼の領地とすることで、新たな商いによって生まれた利益と年貢を借財の返済に充てる…というなかなかびっくりな案を考えた直虎。
もちろん反発する家臣たち、そして…、なぜか領主である井伊家を飛び越え、今川に徳政令を願い出るという行動に出て…、またまたあらたな問題が。
この問題がどうなるのかということももちろん気になりますが、政次は本当に井伊を、そして幼馴染のとわ(直虎)のことを見限ってしまったのか、表には見えないなにかを持っているんじゃないか…ということも気になります。

« 銀盤騎士⑩ | トップページ | 箏と筝曲を知る事典 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65100527

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:13:

« 銀盤騎士⑩ | トップページ | 箏と筝曲を知る事典 »