2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 東山魁夷をたずねて | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖7(完結) »

2017年4月13日 (木)

ピーターラビットの絵本④

Piterrabbit10 Piterrabbit11 Piterrabbit12

ピーターラビットの絵本、その④

べアトリクス・ポター
ピーターラビットの絵本
10「りすのナトキンのおはなし」
11「あひるのジマイマのおはなし」
12「「ジンジャーとピクルズや」のおはなし」

③に引き続き。
まず、ひとつめ(10作目)。いたずら好きで無礼者のりすナトキンのお話。えさをあつめるために、たくさんのりすさんたちが1匹ぶんのいかだに乗って島に渡る様子がなんとも可愛らしく、島に住むふくろうのブラウンじいさまへのお土産は人間目線だと嬉しいのか嬉しくないのか微妙なものがたまにあってびっくりしつつも面白いです。そして、ナトキンがぶらうんじいさまにいたずらしたり無礼な態度をとる度に、今回こそ痛い目にあうかも…とハラハラした。ほかのりすさんたちはやめさせようとか思わないらしいところに疑問を持ちましたが、集団で餌を集めたりするわりに、りすたちは個人(?)主義なのかも…。
そして、ふたつめ(11作目)。自分の卵を自分で抱いて孵したいあひるのジマイマさんのおはなし。明らかに危険そうなキツネのことを「しんし」と呼んで心を許してるジマイマにハラハラさせられます。そして…キツネの手からはなんとか逃れられたものの…卵が残念なことに。助けにやってきたケップ(番犬)が一緒に来た猟犬さんたちにも卵食べちゃダメってち言っておいてくれたら良かったのに…と思わないでもありませんが、それでも最終的に新しく産んだ卵を自分で抱かせてもらえて良かったです。
さいご、みっつめ(12作目)。黄色いオス猫のジンジャーと猟犬のピクルズのやっている雑貨屋さん。かけ売りでどんどんものを売ってしまった先に待っているものとは…というお話。今までのお話に出てきた色んなキャラクターもたくさん登場するので楽しいですが、お人形さんたちがおまわりさんの人形を連れて歩いていたり、どういう世界観なのかな…とちょっと混乱する部分も(苦笑)。それにしても…、翔けで物を買って請求されないのを良いことにお金を払わないなんて泥棒と一緒ではないですか!とお客さんたちの行動に問題を感じますが、その後にこのふたりの失敗を教訓にしてしたたかなお店が登場するところはなかなか面白かったです。

今回も「ピーターラビットの…」と言いつつピーターラビットの登場しないお話ばかりでしたが、どれも楽しいお話でした。引き続き次も読んでいこうと思います。

« 東山魁夷をたずねて | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖7(完結) »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65076048

この記事へのトラックバック一覧です: ピーターラビットの絵本④:

« 東山魁夷をたずねて | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖7(完結) »