2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ピーターラビットの絵本⑥ | トップページ | ハムレットin松本 »

2017年5月22日 (月)

おんな城主直虎:20

とわ(直虎)としの、そして。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第20回:第三の女

前当主・直親の娘を名乗る少女・高瀬がやってきて、あらたな騒動が起こる井伊谷。
本当に直親の娘なのか、武田・今川をめぐるきな臭い時勢の折、武田の放った間者ではないかという意見、もし本当の娘であれば度々の戦により家中の人数の減った井伊谷では願ってもない人物という意見…。
そんななか、母親がよく歌っていたものだという彼女の口ずさんだ歌が、幼なじみであった直虎や政次には聴き覚えのある直親(亀之丞)が笛で奏でていたものと同じ分かり、高瀬を直親の娘と認めることにした直虎。
今回印象的だったのは、高瀬をどうにか遠ざけられないか…と苦心する政次の言葉や表情、そして直虎としのが、高瀬の登場で妙な具合に意気投合したところでしょうか。
こうして色々な人々のそれぞれの思惑があった末に井伊に仲間入りした高瀬。しかし、井伊谷を訪れた間者・常慶の姿を目にした彼女の何ともいえない表情が気になるところです…。

« ピーターラビットの絵本⑥ | トップページ | ハムレットin松本 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65332146

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:20:

« ピーターラビットの絵本⑥ | トップページ | ハムレットin松本 »