2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« わかりやすい邦楽の基礎 | トップページ | 憲法と君たち »

2017年5月 5日 (金)

ベートーヴェンへの旅

Betohvenhenotabi

ベートーヴェンの足跡をたどる旅。

木之下晃/堀内修
「ベートーヴェンへの旅」

ベートーヴェンの人生と作品を、ゆかりの場所や品々とともに紹介する本。
きれいな写真がいっぱいで楽しいうえに、ベートーヴェンの人生と音楽についてまとめられた文章が大変興味深く、作品紹介も簡潔で分かりやすくなっていて、色々な要素がよくまとまっているので、ベートーヴェンについて知り作品に触れるきっかけにはぴったりの本。
ベートーヴェンは、王侯貴族のような人たちとうまく付き合えるような感じではないと勝手に想像していたのですが、実はそうでもなく、また彼側から殊更に媚びなくても多少の風変わりな風貌や振る舞いも芸術家だからということで受け入れられ、女性からもわりとモテていたらしい、というのが少し意外でしたが、ベートーヴェンの頃に音楽家に芸術家という概念が人々のなかに生まれつつあった、という時代の流れとも関係しているというのが面白いし、また、そういう要素によって現代の私たちもたくさんのベートーヴェンの作品を聴くことができるというのがまた興味深いところです。

« わかりやすい邦楽の基礎 | トップページ | 憲法と君たち »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65206839

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンへの旅:

« わかりやすい邦楽の基礎 | トップページ | 憲法と君たち »