2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 尺八セミナーin目白2017 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展in東京都美術館 »

2017年7月 3日 (月)

おんな城主直虎:26

気賀の城をめぐる攻防はじまる。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第26回:誰がために城はある

売った材木を取り返し、今川にかけられた疑いの晴れた直虎。
しかし…、その材木が気賀に運び込まれたことで事態は急変。
その材木で気賀に今川配下の城が造られることが分かったのです…。
商人たちも、反発する者とで城ができたときのことを考え、武家と接近しようとするとで真っ二つに割れてしまいます。
今の時代も、民間企業があれこれ知恵を絞って開発して利益を上げたものに、政府や行政が新しい税金をかけようとする…なんてこともよく起こりますが…、いつの時代も税金を徴収する側の考えることは一緒なんですね…。
そんななか、気賀で龍雲党を立ち上げ上手いことやっていた龍雲丸は、生い立ちに「城」に対する拭い去ることのできない過去を持ち、直虎の働きかけによって「城はあってもいいのではないか」という意見で商人たちがまとまるなか、気賀で龍雲党を立ち上げた龍雲丸は、生い立ちに「城」に対する拭い去ることのできない過去を持ち、一党を率いて気賀を出ていく決意を固めます。
が、しかし。その顛末を聞いた方久は、気賀の城を治めることになると思われる大沢氏の代わりに、井伊がその座に収まればいいのでは、と提案。
さて…本当にそれが可能なのか。次回が気になるところです。

« 尺八セミナーin目白2017 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展in東京都美術館 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65545027

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:26:

« 尺八セミナーin目白2017 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展in東京都美術館 »