2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« あの会社はこうして潰れた | トップページ | 盲目的な恋と友情 »

2017年7月10日 (月)

おんな城主直虎:27

気賀を手にするために。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第27回:気賀を我が手に

方久の「気賀を井伊が預かればいい」という提案に加え、気賀の町衆からも「気賀を井伊が預かってほしい」と申し出があり、気賀を井伊の手に収めるべく動き出した直虎。
井伊のお目付け役である関口に取り入り、駿府で今川の当主・氏真に願い出ようとした矢先…武田家の嫡男・義信(氏真の妹の夫)が自害した知らせが届き、それどころではなくなるという事態に。一旦は頓挫しかけたこの計画ですが、気賀を治めることになると思われていた大沢に既存の城の修繕や徳川から城を取り返す戦もあり多忙であることを利用し、関口・大沢とも協力し、氏真から「気賀を井伊に預ける」という許しを得ることに成功。そして城の普請は、龍雲丸が請け負い、浜名湖の上に城が造られることに。
ここに至るまでに、許しを得る相手・氏真の欲しがっていたものを直虎を通じて方久に知らせたり、武田家との同盟決裂が決定的となり政から背を向けた氏真の様子を見て、再び気賀のことを願い出るタイミングを知らせた政次、表だって動いたのは方久でしたが、政次の働き、なかなかでした。
また、龍雲丸が、直虎に語った、幼い頃に家族を城で失ってからずっと流れ流れて生きてきたその過去。そしてそんな龍雲丸が根を下ろすと決めた気賀。気賀という地名を、私はこのドラマを見ていて初めて知りましたが、なんだか急にとても身近で親しみを覚える地名になっています。
さて…、気賀問題がひと段落というところで、次回は同盟関係が決定的に決裂した今川と武田の問題へ。

« あの会社はこうして潰れた | トップページ | 盲目的な恋と友情 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65545901

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:27:

« あの会社はこうして潰れた | トップページ | 盲目的な恋と友情 »