2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ヲタクに恋は難しい④ | トップページ | おんな城主直虎:30 »

2017年7月29日 (土)

直虎から直政へin江戸東京博物館

Image

今年の大河ドラマにちなんだ特別展を観てきました。

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」特別展
「戦国!井伊直虎から直政へ」
江戸東京博物館にて
2017年7月4日(火)-8月6日(日)

今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」にちなんで、井伊家の成り立ち、井伊家を取り巻く今川・徳川・武田などに触れつつ、家康の信頼を得て彦根藩初代藩主となった井伊直政と、その直政を養育したとされる直虎とその周辺についてくわしく触れる展示。
音声ガイドのナレーションはドラマで龍潭寺の南渓和尚を演じる小林薫さん。ということでウキウキしながら借りて、そちらも楽しく聞きながら展示を見ました。
この特別展が開催されている会期中は、直虎が様々な問題を家臣や領民と協力して乗り越えながら井伊家の領地である井伊谷を治めるべく奮闘しているところ。今川から様々な難癖をつけられながらもその危機を辛くも乗り切り、先代当主であった直親の遺した子・虎松(のちの直政)を守った直虎の代があればこそ、その後幕末まで彦根を治める井伊家に繋がった…と思うと、凄いことだなあと思います。
この特別展の目玉は、唯一確認されている直虎直筆と思われる花押入りの書状。その書状を書くに至る経緯もドラマでは描かれていくわけですが、想像するだけでも辛いことです。
また、ドラマではまだ描かれていない(というか直虎が表舞台から去ったのちのことをどれくらい描く予定なのかわかりませんが)、成長した直政が家康と出会いその信頼を勝ち得ていくところを想像して、胸が熱くなりました。

Image_2

展示室内はほとんど写真撮影禁止でしたが、一部、撮影できるエリアがありました。
その展示品のひとつがこちら。直政の父・直親が、今川の手から逃れるため過ごしていた信濃から戻る途中にとう留した地で寄進したという「青葉の笛」。このほかに、直親の木像などがありました。
また、井伊の赤備えには家康が武田家の家臣を井伊の家臣にしたところにあると知り、そういえば、昨年の大河ドラマ「真田丸」の主人公である真田も赤備えでしたが、もともとは武田の家臣でした。天下統一への道のりのなか、滅びていった家もたくさんあるわけですが、実は、その末裔や家臣は有力な勢力に身を寄せて生き残っていった…というところを色々考えさせられるなあとも思いました。

Image_4 Image_5 Image_6

おまけ。久しぶりに江戸東京博物館に行くということで、特別展を観る前に常設展示もひとまわりしてきました。写真は浅草十二階こと凌雲閣、それから鹿鳴館・ニコライ堂の動く模型。
凌雲閣は、今年読んだ江戸川乱歩さんの「押絵と旅する男」の舞台のひとつとして登場して、読みながら、そういえば江戸東京博物館にかなり大きな模型があるのを前に行ったとき見たな…と思ったので、久しぶりに見ることができて良かったです。

今ハマっている大河ドラマに関する特別展を観るのが目的でしたが、他にも自分にとって楽しいものが色々あって良かったです。

« ヲタクに恋は難しい④ | トップページ | おんな城主直虎:30 »

ドラマ」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65601538

この記事へのトラックバック一覧です: 直虎から直政へin江戸東京博物館:

« ヲタクに恋は難しい④ | トップページ | おんな城主直虎:30 »