2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月17日 (月)

おんな城主直虎:28

寿桂尼、最後の仕事。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第28回:死の帳面

今回は、前回、気賀を井伊に預けてほしいと願い出るため、方久と気賀の町衆・中村屋が駿府で氏真と対面しているさなか、甲斐で武田信玄の嫡男・義信(氏真の妹の夫)が自害した知らせが届き、方久たちが退出したところまで時間を巻き戻し、今川の動きを中心に描く回。途中、無事に気賀を手に入れ、堀川城が完成し、その城代を方久に任せる…という井伊サイドのお話も入りますが、メインは今川。
信義の自害を受け、氏真は信義に嫁いだ妹・鈴を駿府へ返してほしい、という書状を書きます。そして…その書状を届ける使者は、氏真の祖母である寿桂尼。心臓を悪くし、一度は危篤にも陥った身で、武田そして北条を自ら訪ね、鈴を取り戻し武田との争いにも一応の収束を見ることになりますが…、一方、当主であるはずの氏真は出る幕もなく、自分は無能だと政から背を向け遊びにふけることに(そんな自棄っぱちのところを狙って井伊は気賀を手に入れた訳ですが)。
誰もが、もう長い命ではないだろう寿桂尼が亡くなったら今川はどうなってしまうのか…と思うでしょう…。井伊も例外ではなく、政次は、「そろそろ戦の準備を」と直虎に促します。それは、いずれ戦を仕掛けてくるであろう武田と、今川側として戦うためではなく、今川から寝返って今川と戦うための準備。
そんな折、直虎に寿桂尼から呼び出しの書状が。おんな城主・直虎とおんな大名・寿桂尼のこれが最後になるであろう対面。過去を振り返り、井伊と今川の様々なやり取りが思い返される感動的な場面、かと思いきや。
今回のタイトル「死の帳面」の意味が分かったところで、その、胸に迫るものはざざーっと音を立てて引いていきました…。寿桂尼によるゆかりの者たちとの対面によってつくられた「帳面」をもとに、粛清の嵐が吹き荒れることになった駿府。直虎…というか井伊にもその手が伸びようとしていますが、井伊にはどんな手でくるのか…気になるところです。
そして、今川は上杉と手を結び武田を包囲することに。それを知って、徳川が武田と手を組むのをやめれば良いのでは、と考えた直虎。そして、徳川に届いた井伊からの書状。
いよいよ戦の始まる空気が濃くなってきて…今川、武田、徳川の動きが気になるところです…。




2017年7月10日 (月)

おんな城主直虎:27

気賀を手にするために。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第27回:気賀を我が手に

方久の「気賀を井伊が預かればいい」という提案に加え、気賀の町衆からも「気賀を井伊が預かってほしい」と申し出があり、気賀を井伊の手に収めるべく動き出した直虎。
井伊のお目付け役である関口に取り入り、駿府で今川の当主・氏真に願い出ようとした矢先…武田家の嫡男・義信(氏真の妹の夫)が自害した知らせが届き、それどころではなくなるという事態に。一旦は頓挫しかけたこの計画ですが、気賀を治めることになると思われていた大沢に既存の城の修繕や徳川から城を取り返す戦もあり多忙であることを利用し、関口・大沢とも協力し、氏真から「気賀を井伊に預ける」という許しを得ることに成功。そして城の普請は、龍雲丸が請け負い、浜名湖の上に城が造られることに。
ここに至るまでに、許しを得る相手・氏真の欲しがっていたものを直虎を通じて方久に知らせたり、武田家との同盟決裂が決定的となり政から背を向けた氏真の様子を見て、再び気賀のことを願い出るタイミングを知らせた政次、表だって動いたのは方久でしたが、政次の働き、なかなかでした。
また、龍雲丸が、直虎に語った、幼い頃に家族を城で失ってからずっと流れ流れて生きてきたその過去。そしてそんな龍雲丸が根を下ろすと決めた気賀。気賀という地名を、私はこのドラマを見ていて初めて知りましたが、なんだか急にとても身近で親しみを覚える地名になっています。
さて…、気賀問題がひと段落というところで、次回は同盟関係が決定的に決裂した今川と武田の問題へ。

2017年7月 3日 (月)

おんな城主直虎:26

気賀の城をめぐる攻防はじまる。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第26回:誰がために城はある

売った材木を取り返し、今川にかけられた疑いの晴れた直虎。
しかし…、その材木が気賀に運び込まれたことで事態は急変。
その材木で気賀に今川配下の城が造られることが分かったのです…。
商人たちも、反発する者とで城ができたときのことを考え、武家と接近しようとするとで真っ二つに割れてしまいます。
今の時代も、民間企業があれこれ知恵を絞って開発して利益を上げたものに、政府や行政が新しい税金をかけようとする…なんてこともよく起こりますが…、いつの時代も税金を徴収する側の考えることは一緒なんですね…。
そんななか、気賀で龍雲党を立ち上げ上手いことやっていた龍雲丸は、生い立ちに「城」に対する拭い去ることのできない過去を持ち、直虎の働きかけによって「城はあってもいいのではないか」という意見で商人たちがまとまるなか、気賀で龍雲党を立ち上げた龍雲丸は、生い立ちに「城」に対する拭い去ることのできない過去を持ち、一党を率いて気賀を出ていく決意を固めます。
が、しかし。その顛末を聞いた方久は、気賀の城を治めることになると思われる大沢氏の代わりに、井伊がその座に収まればいいのでは、と提案。
さて…本当にそれが可能なのか。次回が気になるところです。

2017年7月 2日 (日)

尺八セミナーin目白2017

今年も参加してきました。

尺八/藤原道山セミナー
2017年6月18日(土)目白にて
第一部「島唄」13:00~14:00
第二部「竹」14:30~16:00

前半の「島唄」では、音程の正確さや、音が小さくなりがちな音のとき、なるべく大きな音を出すためのコツなどについて詳しく説明がありました。なんというか…よく知られている曲ほど、音程を正確に取れていないと、聴く人にも演奏する自分も違和感があるなあと思います。以前、「音程を正確にするためには、よく知っている曲を吹いて練習するといいよ」とある先生からアドバイスをいただいたことがありました。こういった親しみやすい曲を吹くということは、お稽古で勉強する曲やその練習から少し離れて楽しむという面もありますが、実は、離れつつも本筋の勉強にも生きるものなのかもしれません。
後半は尺八二重奏曲「竹」。強弱記号などたくさんの書き込みをされた楽譜を資料としていただきました。楽譜を追ってその通りの音を出すぞ!というところに一生懸命になってしまって、まだまだそこまで気が回らないことが多いなあと、そこまで気を使って演奏できるまでもっと努力しないとなあと思いました。また、合奏をするとき、自分のパートだけではなく相手方のパートのことも聴いたり、掛け合いのような感じになっているところや、どちらが聴かせどころなのか…ということを気にすることも大事…というところ、ちょうど、近々受ける試験のために二重奏曲も練習していて、あらためて勉強になりました。また、そういう合奏で大事なところを意識して吹くためには、自分のパートを自信を持って吹けないといけないし、相手方のパートの動きもよく知るためにはそちらも吹いてみたり…、とにかくたくさん練習しないといけないなあと思いました。
色々と、分かっていながらできていないことなど勉強になったりこれからに生かせそうなことがあったのはもちろんですが、たくさんの人たちと一緒に尺八を一生懸命吹き、お話をお聞きする時間、とても楽しく充実していました。

2017年7月 1日 (土)

7月の観たい映画

今日から2017年も後半に入りました。
というわけで、今月もいつもの月と同様に、今月公開のものを中心に、個人的に気になっているものをまとめます。
なお、そのなかでもとくに気になっているものには星印をつけています(★>☆)。


今月公開

  1日 忍びの国
      パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
  8日 メアリと魔女の花
 28日 君の膵臓をたべたい☆

今月公開以外

      ジーサンズはじめての強盗☆


以上が今月気になっている作品です。
何というか…自分で作ったリストながら、ものすごーく観たい!というものを見つけるのが難しいリストになってしまいました。「パイレーツ~」は2作目から4作目まで映画館で観ているので今回も観たいなあという気持ちはありつつも、自分の気持ちとしては3作目のときに綺麗に区切りがついたという気持ちがあるせいか、絶対観たい!とまで思えない感じが…(苦笑)。
予告を見て、本屋さんでよく見かけるあの本ってこういうお話なんだ…と知ったのは「君の膵臓をたべたい」。このリストのなかでは、いちばん気になっている作品かもしれません。
暑さで体調を崩しやすく、また、出かけるのが億劫な季節にもなってきましたが、ひとつでも多く映画館で観る作品があれば良いなあと思います。



 

« 2017年6月 | トップページ