2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« おんな城主直虎:27 | トップページ | 非正規レジスタンス »

2017年7月11日 (火)

盲目的な恋と友情

Moumokutekinakoitoyujou_3

表紙に惹かれて。

辻村深月
「盲目的な恋と友情」

タカラジェンヌの母をもちながら自分の美貌に無頓着で恋も知らなかった一瀬蘭花が、所属する大学のオーケストラに指揮者として迎えられた茂実星近と出会い、彼との恋や彼の裏切りと転落、そして衝撃の結末を迎えるお話「恋」。そして、蘭花の友人・留利絵の目線からその歳月を見つめたお話「友情」の2部構成。
茂実が自業自得な理由とはいえ将来を絶たれ、恋人である蘭花に執着し依存する、また蘭花の方も茂実と離れたいけど離れられなくて葛藤するのは、まあ酷い話だけどなんとなく分かる気がするお話だなあと思いました。
ですが…留利絵の言動には、過去の出来事が原因で背負った劣等感から周囲の言動を常にネガティブに捉え、自分に自信がないのに、自分は正しい、自分を誰かに特別に扱ってほしい、特別な存在として選んでほしいという願望、独占欲と執着心がもの凄すぎて、それゆえに訪れるラスト…。なんともいえない恐怖を味わいました。

« おんな城主直虎:27 | トップページ | 非正規レジスタンス »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65553228

この記事へのトラックバック一覧です: 盲目的な恋と友情:

« おんな城主直虎:27 | トップページ | 非正規レジスタンス »