2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 合奏研修会 | トップページ | 野に出た小人たち »

2017年8月21日 (月)

おんな城主直虎:33

とうとう…政次が…。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第33回:嫌われ政次の一生

井伊谷城の門が開いたところに、徳川方の酒井忠次の軍勢に射かけられた矢。
そして、門を閉め逃げ延びた政次たち小野の軍勢、これは罠だと主張し政次を庇い牢に入れられた直虎…。
その後井伊谷城に入った家康はこの事態に接し、直虎を信じたい、政次は信用ならない人物だという近藤の言葉を疑う気持ち…そういった思いを抱きながらも、駿府を攻め落とした武田からの「掛川に落ち延びた氏真を攻めるように」という書状が届き、先を急ぐことに…。
牢にいる直虎と対面した家康はそのとき、もうすでにこれは井伊と小野を陥れる罠だと気づいていたけれど、自分にはどうすることもできないという思い…、それが土下座をして顔をあげないまま後ずさりするという様子になって…、その行動には滑稽さがあったのに、やるせなさが勝って笑えなかったです…。
そして、隠し里で束の間の静かな時を過ごしていた政次ですが、家康から城を預っていた近藤を夜襲し捕えられます。龍雲丸が直虎を牢から「盗み出す」算段を進めていた最中のことでした…。
政次を牢から救い出し一緒に落ち延びることを考えていた直虎の意に反し牢を出ることを拒否した政次。そんな政次と直虎を繋いだのは、政次のいる牢に忍び込んだ龍雲丸。直虎が政次に思うこと、政次が直虎に思うこと、それぞれがそれぞれに通じたと分かるのが、政次が処刑されようとする、まさにその時。
磔にされた政次の両脇から、近藤氏の家臣が槍を構え今にも突き刺そうというその時。直虎は政次の前に飛び出し、近くにいた者から奪った槍で政次の心臓をひと突き。政次は息が絶えるその時まで徳川と井伊を謀った逆賊を演じ、直虎はその“逆賊”を罵る井伊の当主を演じ…、実のところは井伊には徳川に逆らう気持ちはなかったという事実を積み上げ、井伊の再興への道筋をつけようという政次の命を懸けて打った芝居に直虎が応じたというところ。
政次が龍雲丸に託した「本懐」という言葉と碁石、もはやああしようこうしようと言葉を尽くして相談せずとも、それだけで意思の疎通が叶うようになったふたりの絆…、それを思うと政次の最期は涙無くしては見られませんでした…。
さて…最後になってしまいましたが、今回のタイトルは「嫌われ政次の一生」。今年の大河ドラマは毎回のタイトルは映画やドラマなどのタイトルを捩ったものになっていますが、この回は「嫌われ松子の一生」から。表向きは「今川の犬」として微妙な立場であり続けた小野家の当主として「嫌われ」ていた政次。そして、「一生」の部分には政次を演じた高橋一生さんの「一生」も掛かっています。井伊と幼馴染の直虎(おとわ)を守るため、あえて今川の懐に飛び込んで嫌われ役を演じ続けた政次。そしてそんな政次を演じた高橋一生さん。どちらの存在も見る側にはたまらなく楽しく、そして辛かったのですが、その辛さを最後に味わえるくらいのめり込んで見られる瞬間に立ち会えたことがとても幸せな経験でした。思い出しただけで色々なことが思い出されて、泣けて仕方ありません。これからあの政次がいないなんて…そう思うだけで寂しくて、まさに「政次ロス」です。
そして…直虎とともに井伊を支えてきた政次亡き後…、次回は気賀…そして龍雲丸にも危機が迫る模様。実は少し前に、ふとしたきっかけでこの後だれが気賀を治めることになったのかという史実を知ってしまったのですが、これからどういう経緯を経てそうなったのか、ドキドキしながら見守ろうと思います。

« 合奏研修会 | トップページ | 野に出た小人たち »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65698989

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:33:

« 合奏研修会 | トップページ | 野に出た小人たち »