2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« おんな城主直虎:33 | トップページ | めがね壊れ中… »

2017年8月22日 (火)

野に出た小人たち

Nonidetakobitotachi

シリーズ2作目。

メアリー・ノートン
「野に出た小人たち」

人間から色々なものを「借りて」生活する小人シリーズ2作目。
大きな家の台所の床下の住み慣れた家を出ることになったアリエッティとポッドとホミリー。果樹園や原っぱを渡ってたどり着いた先で、新しい場所でなんとか自分たちの暮らしをしようとしながらもやっぱり現実は厳しかったり、そんななかで3人を助ける存在が現れたり、でもまた危機が訪れたり…、なかなかに波乱万丈な展開ではありました。
ずっと台所の床下で育ったアリエッティが自然のなかで自由を満喫する感じが微笑ましく、野原での暮らしを経て新たな展開を迎えたアリエッティたちがこれからどうなっていくのか…気になるところです。
そして、1作目の最後の方でメイおばさんの話に出てきた後日譚のなかのあれこれに説明がついて一応はすっきりという感じのなか、語り部が1作目のメイおばさんからこの2作目では原っぱの近くの古い家に住むトム・グッドイナフじいさんに移りました。3作目も多分そんな感じになりそうかなあという気がしますが、2作目を読んでみて、今回登場した野育ちの小人スピラーや3作目のタイトルの「川をくだる小人たち」など…スタジオジブリの映画「借りぐらしのアリエッティ」は1作目のエピソードを主に描きつつも、シリーズ全部のなかに登場する色んなものをあちこちに散りばめてるんじゃないかという気がしてきました。そう考えると読み進めるのも楽しみだし映画も見直したい気もします。

« おんな城主直虎:33 | トップページ | めがね壊れ中… »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野に出た小人たち:

« おんな城主直虎:33 | トップページ | めがね壊れ中… »