2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« おんな城主直虎:32 | トップページ | 続・ヒーローズ(株)!!! »

2017年8月15日 (火)

終戦の日に

72回目の終戦記念日。
周辺国の穏やかではない状況が色々と報じられるなかでの今年の8月15日…。
日本にとっては72年前に戦争は終わったのかもしれませんが、世界各地ではずっと戦争や国内での紛争などによってたくさんの人の命が失われ続けてきたわけで、それを思うと、いつか戦争のない世界になるというのは、とても難しいことだろう…とも思います。
今年は、日本兵約3万人が命を落としたという「インパール作戦」について特集したテレビ番組を見ました。この作戦のことは、本か何かで見て、決行される前から無謀と思われていたことなどは知っていましたが、作戦を立て決行した司令官やもっと上の立場の人たちの無責任さや、そんな作戦であっても異を唱える術もなかった人たちの思い…、何もかもが辛く哀しくやるせなく感じました。
司令官の方は戦後10年ほどして亡くなったのですが、亡くなる前の数年間はインパール作戦について「自分は間違っていなかった」という自己弁護活動をされていたのだとか。この方に仕えていた部下の方の記録にあるように、部下や階級の低い兵のことはひとりひとりの尊い命とはとらえず、数でしか認識していなかったから「別にいいじゃないか」「部下がいけない」という気持ちだったのか、それとも、心の奥底では自分に非があることを感じながらも認めたくなかったのか、…戦前戦中の教育を受けて軍人のエリートであった人が終戦を機にどういう心境になったのかを想像するのは難しいことですが、今の時代を生きる私たちに言えることは、今の時代にも、国民や世界中の人々について、人数とか金額とか「数字」で捉えて認識し、ひとりひとりが尊い命をもち、それぞれにそれぞれの生活があって、誰かの大切な存在であるということを忘れがちですが、そういう考え方を是とするような国に二度としてはならないし、他の国々もなるべくそうであってほしいということだけです。

« おんな城主直虎:32 | トップページ | 続・ヒーローズ(株)!!! »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65671844

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日に:

« おんな城主直虎:32 | トップページ | 続・ヒーローズ(株)!!! »