2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 君の膵臓をたべたい(小説) | トップページ | おんな城主直虎:31 »

2017年8月 6日 (日)

書店ガール6

Shotengirl6_2

書店員と本をめぐるお話、第6弾。

碧野圭
「書店ガール」第6巻

今回は前の巻から引き続き、取手の駅ナカ書店の店長・彩加とラノベレーベルの編集長・伸光が主人公。彩加は開店から自らが手掛けた取手店の閉店を告げられ、一緒に店を作り上げてきた大切な部下たちにそれを隠し気づかれないよう閉店への準備をしなければならない辛い展開。一方の伸光も担当してきた作品のアニメ化などメディアミックスに関するたくさんのトラブルによって積み重なるストレスが信光の身に大変な事態をもたらすことに…。
どちらにも部下との関係が描かれていて、彩加も伸光も目の前の仕事に一生懸命だから苦しい時に部下に助けてもらえるんだろうなあと感じました。
さて…、新たな道を選択した彩加のこれからが続編で描かれることになるのかどうか、気になるところです。

« 君の膵臓をたべたい(小説) | トップページ | おんな城主直虎:31 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65649680

この記事へのトラックバック一覧です: 書店ガール6:

« 君の膵臓をたべたい(小説) | トップページ | おんな城主直虎:31 »