2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ピノグレープ&ベリー | トップページ | ピーターラビットの絵本⑨ »

2017年8月28日 (月)

おんな城主直虎:34

井伊谷に次いで気賀も。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第34回:隠し港の龍雲丸

政次が直虎の手にかかって死んだ前回。
…ですが。
幼馴染でこれまでともに井伊を支えてくれた存在を失ったショックで、自らの手で政次を送ったことや徳川勢がやってきたという事実を忘れたかのように振舞う直虎。
そんななか、井伊谷を近藤に任せて掛川に逃げ延びた今川と、それを攻め落としたい徳川との攻防が激化。気賀には今川方の大沢氏が入り、徳川との戦に備えて気賀に住む人々が堀川城に集められました。
そして…堀川城を今川の手から取り戻すべく徳川に協力を申し出た方久と中村屋。城に集められた気賀の民を中村屋の提供した船で城の外に逃がし、大沢氏の兵だけになったところを攻める…という策。そしてその頃、堀川城とその周辺では、大沢氏の隙をついて民を救い出し船で逃がすという策が龍雲丸を中心に進められていたのですが…、始まってみれば気賀の民は中村屋の船に乗った徳川の兵に襲撃されることに…。
この堀川城での戦は、徳川の戦のなかでもむごい戦のひとつに数えられるものなのだそうで…、なかなか落ちない掛川城や各地で今川方の勢力に手を焼いていた徳川にとっては、民を救い出してから城を攻めるというような手順を踏む余裕がなかったとも考えられますが、武士同士で戦うのは勝手だけど…というような思いにも囚われてしまうところではあります。
そして…、井伊の目付役のひとりである鈴木氏の持ってきた政次の辞世の歌によって、現実に立ち戻り、悲しみ苦しむ直虎のもとにも気賀攻めの知らせが。
気賀で傷を負ったらしい龍雲丸、「政次は生きていた」という直虎の言葉…、すべてが謎の次回予告。なんでしょう…どんな展開になるのか全く読めませんが、それだけに早く続きが知りたいところです。

« ピノグレープ&ベリー | トップページ | ピーターラビットの絵本⑨ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65717758

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:34:

» おんな城主直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」 [あしたまにあーな]
予想通り、前回以降政次ロスになった人が続出し一般ニュースにまでなりました。ロスになったのは視聴者だけではなく直虎も完全にそのモードになってしまいます。自分がとどめを刺したにもかかわらず、そのことを忘れてしまい、政次が来てくれることを信じて一人碁を打つ毎日。完全にふさぎ込んでいる間にも歴史の波がやってきては時代を進めていきます。 今川攻めに苦労していた徳川は、大沢から逃れてきた中村屋に協力し気賀の奪還作戦に乗り出すことによって、船を得ようとします。ところがその家臣である酒井忠次は、これでは手ぬるいと堀... [続きを読む]

« ピノグレープ&ベリー | トップページ | ピーターラビットの絵本⑨ »