2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 松代城② | トップページ | おんな城主直虎:36 »

2017年9月10日 (日)

おんな城主直虎:35

龍雲丸と政次。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第35回:蘇りし者たち

堀川城が徳川に攻められたと知り気賀に向かう直虎たち龍潭寺の面々。そこで目にしたのはたくさんの屍、そして重傷を負いながらもまだ息のある龍雲丸。
なかなか意識を取り戻さなかった龍雲丸ですが、奇跡的に一命を取り止めなんとか身体が動くまで回復することに。そこで心をよぎるのは「また俺だけ生き残った」というむなしい思い。直虎もまた家族や幼馴染を次々と失い自分だけが生き残ったという思いを抱いていました。生き残ったということに何か意味があるとしても、それは辛いことだなあと思います。
本当の意味で蘇った龍雲丸は一旦置いておいて…、隠し里から届いた手紙で直虎は、政次から碁を教わっていた子どもたちの打ち筋に政次の筋が見えること、隠し里では今、政次の真似が流行っていることを知り、死んでしまった政次が井伊の人々のなかに生きていることを知った直虎。政次亡き後、嵐の前の静けさと言うところかもしれませんが、ちょっと心が和みぐっとくる場面でした。
さてそして…掛川で氏真と和睦を結んだ家康に怒る甲斐の信玄、ここの動き、非常に気になります。そして、意気消沈していたものの新たな金の匂いを嗅ぎつけ出家の身となった方久。こちらも気になります。そして、次回のタイトル「井伊家最後の日」気になるところです。

« 松代城② | トップページ | おんな城主直虎:36 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65774936

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:35:

« 松代城② | トップページ | おんな城主直虎:36 »