2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« おんな城主直虎:35 | トップページ | 羆嵐(くまあらし) »

2017年9月11日 (月)

おんな城主直虎:36

直虎、最後の決断。

大河ドラマ「おんな城主直虎」
第36回:井伊家最後の日

家康と氏真が和睦し、氏真は義父・北条氏康のもとへ。
井伊谷では直虎が井伊家再興向けての動くべきか、決断の時を迎えていました。
そんななか、新たに井伊谷を治めることになった近藤氏からは、井伊家の家臣を召し抱えてもよいという提案があり、また、常慶からは井伊家の嫡男・虎松を常慶の兄で虎松の母・しのの嫁ぎ先である松下家の養子に迎えたいという話がもたらされることに。
嫡男を養子に出してしまえば井伊の再興の目はなくなってしまう。しかし、井伊の再興を目指すことでふたたび井伊のために死ぬ者が出る…。直虎の出した答えは、井伊の再興を諦めるということ。
直虎を中心にひとつになって商いをしたり今川の干渉や周辺国の動きによる危機を乗り越えてきた井伊の人々がバラバラになってしまう…とても寂しいことですが、この決断が、とくに虎松を徳川に近い松下家に養子に出したことは今後に生きてくると思うと、なかなか、これからの展開が楽しみなところではあります。
中野や直親の娘の高瀬などが近藤家に、奥山は虎松とともに松下家へ、夏と亥之助は紫乃を頼って同じく松下家へ。こうしてみながそれぞれの新しい場所に移っていくなか、直虎にも転機が。城主となってからの直虎を何かにつけ支えていた龍雲丸から「一緒にいたい」と告げられ…、直虎はその後還俗し、いち農婦として生きることを選んだ…そうです。直虎という人のことがあまり歴史に残っていないそうなので、それが事実である可能性がどのくらいあるのかは分かりませんが、このお話のなかの直虎がそれで幸せならば、それでいいということにしておきましょう。
さて…そんな風に新たな一歩を踏み出した井伊谷の人々ですが、その外では、義父・氏康の死をきっかけに信玄は挙兵の構えを見せ、信玄の求めに応じず氏真と和睦を結んだ家康は震え上がることに…またまたきな臭い事態になりつつありますが、そんななか、井伊谷では高瀬の真実が明らかになるとかならないとか…気になるところです。

« おんな城主直虎:35 | トップページ | 羆嵐(くまあらし) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/65775301

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎:36:

« おんな城主直虎:35 | トップページ | 羆嵐(くまあらし) »