2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 生きるぼくら(再読) | トップページ | 映画「君の膵臓をたべたい」 »

2017年9月15日 (金)

原田マハ講演会「生きるぼくら」

Image

初めての体験。

原田マハ講演会
「生きるぼくら 茅野に暮らすしあわせ」
2017年9月9日(土)13:30より
茅野市民館コンサートホールにて

私の大好きな作品をたくさん書かれている作家の原田マハさんが地元のホールで講演会をされるということで、出かけてきました。
いままで、たくさんの作家の方のたくさんの作品を楽しんできて、そのなかには、この方の書く作品が大好きだ!と思う方もいっぱいいました(というか今もいます)。が、これまで作品をはじめとする文章と触れることで満足していたので、たとえば遠方の土地まで講演会やサイン会に出かけてまで生身の作家さんにお会いしよう、という気持ちになることはほとんどありませんでした。
原田マハさんについても、たくさんの作品を通じて楽しみ、その作品に触れることで趣味の世界が少し広がり、また、私の住む地元を舞台にした作品を書かれ、ある意味ゆかりの深い作家さんであることは知っていたものの、文章に触れることで満足していました。
が、しかし。すぐ近くで講演会があり、そしてその日時に都合がつく、となればこれはもう出かけないという選択肢はありませんでした。
文章だけで知っていた方を、初めて生で目にしてお話をお聞きする。自分にとってあまり機会のないイベントにずっとドキドキし、ワクワクしていました。初めて生のお声やお話される様子に触れて、思っていた以上にパワフルでバイタリティーとユーモアに溢れる魅力的な方だなあと感じました。
学校でのいじめが原因で高校を中退し引きこもり生活をしていた主人公が、その家を出て遠く離れた蓼科の地を訪れ、そこで祖母が続けてきた一風変わった田んぼでのコメ作りに挑戦する「生きるぼくら」というお話。このお話の構想や執筆には、ご自身が挑戦した米作りの体験が色濃く生かされ、また、執筆と連載に取り掛かるなかで起こった東日本大震災によって起こった様々な出来事や感じたことも密接に関わって、この作品が完成したということをお話してくださり、そういうことを踏まえて読むと、また違った感慨があるなあと思います。もちろん、それを知らなくても素晴らしい作品であることは間違いありません。
興味深く楽しいお話をたくさんお聴きして、とても充実した時間になりました。

« 生きるぼくら(再読) | トップページ | 映画「君の膵臓をたべたい」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原田マハ講演会「生きるぼくら」:

« 生きるぼくら(再読) | トップページ | 映画「君の膵臓をたべたい」 »